自己紹介PROFILE

1982年8月4日朝7時、茨城県に生まれる
家族は父母と一つ下の妹 妹と同い年のように育てられる

幼稚園時代

あまりしゃべらず内気、絵ばかり書いていた

小学校時代

何かが弾けておしゃべりでウケを狙うお調子者になる
ヤマハ音楽教室3年間受講
とにかく毎日漫画絵ばかり描き、一人月間マガジン(わら半紙にシャーペン書き、キャラとストーリー展開だいたい一緒の7作位を連載)発行
歌はこの頃から好きだった
母親の声に似て子供ながらに艶のある歌声だと言われる
小学校2年の時、母親が友達のお母さんよりB'zカセット全曲集をもらい、日々家庭に鳴り響く
間々田優の音楽の歴史はB'zから始まる

中学時代

ラジオにはまり、エアーチェックマイベスト120分テープを50本以上作る
思い返せば、子供の頃から頭の回転だけは早く、ずる賢くそして粗雑な子供だったため、親や友達をとんでもない言葉で傷つけた思い出がいくつもある

高校時代

陸上部所属、だが万年ビリ
勉強も追いつけず友達も出来ず、だんだんと半登校拒否になる
自己投影できなくなった漫画の世界から音楽に傾倒して行き、将来の夢は漫画家から歌手に変わる
この頃は、志願した軽音楽部入部を断られたり、(今思うに原因はビジュアル。大嫌いなくせ毛をどんどん短くした日焼け短髪くせ毛デブだったから)体育館で毎朝歌の練習をしたり、ベースを買いたいと親と喧嘩してお年玉貯金を全て崩してもらったり、ベースは買わずそのお金で東京のライブハウスや映画館に通ったり、わからず買ったクラシックギターの弦をアコギに無理矢理張って弾けないとイラついたり、方法を手探りしていた
卒業後大学に行くなら東京行きを許すとの条件の為、三次試験でギリギリ大学に入学

大学時代

大学入学、東京で一人暮らしを始める
大学では念願の音楽サークル入部、メタルとハードロックのコピーライブ三昧、間々田優ライブの基礎が生まれる エレキギターを意気込んで買うが全く練習せず
4年間音楽ばかりやっていたせいで卒業できず、1年間留年
品川喫茶ダリでアルバイト

2005年

音楽サークル卒業後バイトだけの生活の中で改めて「ライブがしたい」と決意、デモテープ審査の為初めてオリジナル曲を作る
実家に放置されていた現メインギター、キャッツアイを手に取る
しかしことごとくライブハウスオーディションに落ちる

2006年

大学卒業後、西荻窪「LIVE&BAR BIN SPARK」、「下北沢GARAGE」で初ライブ、そののち「渋谷La.mama」出演始まる(現在もお世話になっている渋谷La.mama社長や、店長河野太輔氏と出会う)
友人のグループ展物販として、スピッツカバーCD初制作
本名で活動をして行きながら、それまで恥ずかしくて嫌いだった自分の名前を堂々名乗れるようになり、東京に出てきてから殆ど話さなかった自分の過去を、音楽を通して認められるようになる

2007年

初オリジナルCD『3つ』発売(収録曲『3つ』『ひでお』『間々田優心のテーマ』)
「渋谷La.mama」に拠点を絞り、徐々に動員を増やしていく中、渋谷La.mamaのブッキングスタッフ(現代「Zher the ZOO YOYOGI」店長、マティー氏)の紹介で、テレビ朝日ミュージック正岡和寿氏に出会う
正岡氏との出会いからわずかして、ソニーミュージック島田文夫氏に出会う
テレビ朝日ミュージックでの仮レコーディング、ソニーミュージックオーディション合格など重なる
9月 ミニアルバム『あたしを誰だと思ってるの』 のリリース、茨城県「古河Spider」でのワンマンライブ
10月 テレビ朝日ミュージック正式入社、インディーズアーティスト契約、岐阜中津川「Breath」ワンマンライブ
12月 「渋谷La.mama」ワンマンライブ

2008年

8月 サマーソニック08 出演
11月 ファーストアルバム『嘘と夢と何か』リリース
12月 カウントダウンジャパン08/09出演

2009年

2月 インフルエンザの為、大阪東京ワンマンライブ延期、振替公演
8月 サマーソニック09 出演
10月 セカンドアルバム 『予感』のリリース
11月 大阪梅田、東京「原宿アストロホール」ワンマンライブ
12月 カウントダウンジャパン09/10出演

2010年6月 名古屋サーキットイベント「栄Spring」出演後、活動休止

2011年 2012年

2013年

4月 ライブ活動のみ再開
7月 岐阜中津川「Breath」ワンマンライブ

2014年

12月 念願のセカンドミニアルバム『果実』リリース

2015年

東名、関東中心にリリースツアー敢行
5月 「渋谷La.mama」にてツアーファイナルワンマン
10月 弾き語り連続ワンマンライブ『月の極み』開始

2016年

3月 和歌山女子刑務所訪問(アコースティック公演)
5月 弾き語り連続ワンマンライブ『月の極み』全国4カ所10公演全公演満員御礼、大成功を収める。ツアーファイナルに無頼詩人アーティスト友川カズキをゲストに迎えて、新宿御苑ROSSO動員記録を更新。

間々田優はこれからも続く
(自著)